Favorite Banana Indians過去公演DVD

「Glare〜私の歌が聞こえますか〜」

作・演出/息吹肇
出演/鞠みちえ・小谷陽子(製作委員会)・城間宏大(SiLucisエンターテインメント)・長谷川彩子・細田こはる・天野愛梨 (Winning Cast)

楽曲・演奏・歌
Lynks Project feat.渡辺京
自分の演技力に限界を感じて女優を辞めた詩音は、突然頭の中でバンドの音楽が聞こえるようになった。詩音の友人で音楽教師の天音にも、同じバンドの音楽が聞こえていた。2人とも聞いたことのある声のように感じていたが、どうしても思い出せない。その音楽は、2人の過去の苦い記憶を呼び覚ます。
大学を辞めて女優の道を目指そうとしている彩乃は、友人の夢生菜の従兄弟の聡が代表の「虹の歌劇団」という劇団を勧められ、オーディションを受けることにする。そこは、かつて詩音が看板女優として所属していた劇団で、小劇場界で絶大な人気を誇った女優・如月マヤが一度客演していた。聡の作品に惚れ込んだ彩乃は、オーディションを受けて入団を決める。
聡は、詩音が辞めるきっかけになった作品を再演し、そこに詩音を主演で出演させようとしていた。聡の思いを知り、彩乃は詩音の相手役を自分にやらせて欲しいと聡に言う。その時、聡の頭の中にもバンドの力強い演奏が流れる。
一方、ピアノ弾き語りのアーティストの鈴音は、曲が作れなくなり、ポッドキャストの番組をやっているが、やはりバンドの音楽を頭の中で聞いていた。鈴音の番組の熱心なリスナーで、番組宛にメールを出している夢生菜は、彩乃と会った後、自分の中で忘れていた詩作の心を思い出し、思い浮かんだ詩を鈴音に送ると、鈴音の頭の中にその詩に乗せた音楽が蘇る。
その鈴音の番組に、「マヤ」という名前でメールが届く。癌で入院中の彼女は、もう一度舞台に立つこと、バンドを組んで歌うことが夢で、そこに生き別れた腹違いの姉を招待したい、と書いていた。
夢生菜と会ってその話をした鈴音は、それがかつて鈴音が楽曲を提供した「虹の歌劇団」の舞台で客演した如月マヤではないかと思い当たり、夢生菜とともに聡に会いに行く。そこで明らかになる事実とは…

1,620円

注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

カートの中身

カートに商品は入っていません